近頃話題の「ガールズバー(ガールズ居酒屋も同じように流行しているみたいですね)」。でも、実際には「ガールズバー(店員がコスプレしていたり、和風の内装だったりと、その店舗によっても畭なるでしょう)ってどのような所?」と思っている人もいらっしゃるでしょう。ガールズバー(男性客が多いようですが、女性でも入店することができます)とは、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)がバーテンダーを務めるショット(優れた打球をゴルフでは、「ナイスショット!」なんていいますよね)バーのことを言うんですが、位置的にはショット(打撃行為だけでなく、打球そのものを指す場合もあります)バーとキャバクラの中間のお店だと思って頂いて結構です。通常のショットバーでは女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)との会話(途切れた時のことを天使が通ったと表現することもあります)が楽しめない男性客の間で、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)バーテンダーとの会話(コミュニケーション力と言い換えることもできるかもしれません)が楽しむ事ができるガールズバー(店員がコスプレしていたり、和風の内装だったりと、その店舗によっても畭なるでしょう)が人気(時には口コミで評判になることもあります)とされているんです。仕事内容も、基本的にはバーテンダーの仕事と同じです。ただ、やっぱりそこにキャバクラ的な要素もふくまれており、カウンター越しの接客も仕事になります。キャバクラと異なる点は、一対一の接客ではなく1人で複数のお客さんの相手をする、カウンター越しの接客でお客さんの隣に座ることはない、等が挙げられるのです。バイトを行った方の感想でも、「キャバクラとは畭なって指名やノルマ(経営者が労働者に与える強制的な目標値などを指します)が無い為、精神的に楽」、「終電で仕事が終わるので助かる」、「お客さんとお酒を飲んで、おしゃべりできるから楽しい」という声が聞かれます。昼間の仕事をしていても、バイトが夜なのでダブルワーク可能なのも魅力と言われているのです。もちろん、時給はキャバクラのバイトに比べて少なくなりますから、その点は要注意です。ひとくちに「ガールズバー」と言って、そのお店によりシステムが異なったりもします。興味(色々なことに持てるのはとてもいいことだといわれていますね)があってバイトをしようと思ったのなら、最初はそのお店を見学させて貰うことが大切なんですねー